【着物柄図鑑】植物模様―木の葉・落ち葉

四季折々の自然の美しさをうつしとったような、身近な道具への愛情を形にしたような、祈りと寿ぎの思いを込めたような・・・着物や帯の多種多様なデザインは、まるで美術館のように見る人を楽しませてくれます♪

そんなお着物の柄の魅力をブログでご紹介!
第一弾は、物語の森に迷い込んだような木の葉模様や、ひらりと舞い降りたり、優しく散り敷く落ち葉模様をクローズアップ。

メルヘンチックな物語に思いを寄せて

木の葉モチーフは昔話や童話の森を思わせるメルヘンチックな詩情があり、愛らしくノスタルジックな色やタッチで表現されることも多いです。

キュートな色やデザインでも、花や実をプラスしないシンプルな木の葉模様であれば甘くなりすぎたり子供っぽくなりすぎることがなく、大人のメルヘンコーデにもぴったりです。

konoha_A2

木版画のようなタッチと、インクがにじんだような澄んだ綺麗色が幻想的な詩情を高めてくれているナチュラルな味わいも素敵なデザインは袷着物の柄です。

konoha_A1

洋服テキスタイルのようなモダンなデザインと、色硝子のような綺麗色がマッチしたアートなデザインのこんな袷着物なら、特別な個性を楽しむコーディネートを作り出してくれそう。

konoha_A4

シックなネイビーに、ひらりと舞い降りるように織り出された葉っぱ模様がモダンなウール単着物。大きな葉っぱ模様が印象的ですが、すっりとしたタッチと色でシンプルにまとめあげられていて、着まわし力もバツグンの洗練されたデザインとなっています。

konoha_A3

こちらは総絞り風のリップル浴衣のデザイン。木の葉の中に四季の草花が愛らしく浮かぶ物語豊かな一枚です。

konoha_A5

藤城清治の影絵のような枝葉模様がファンタジックな模様は羽織のデザイン。さらりと一枚プラスするだけで、個性の光る特別なコーデを完成させてくれそう。

konoha_A6

市松と木の葉を組み合わせたこんなレトロモダンなデザインも素敵。

konoha_A7

フォークロアなムードただよう葉っぱ模様は帯のデザイン。シンプルでいてふと目をひかれるインパクトのあるコーデネートをつくりだしてくれそう。

色とりどりの落ち葉に季節の移ろいを感じて

緑から黄色、赤、オレンジへと染まりゆく美しい色合いや、葉の虫食いや欠けにも移り変わる季節の愁いを感じさせてくれる詩情ただようデザインも木の葉模様ならでは。

konoha_B1

江戸小紋風の細やかな文様の切り嵌めが、色づく木の葉を見事にあらわした紬風のウール単着物のデザインは、虫食いのような欠けも愁いをおびた詩情をさそいます。

konoha_B3

散り敷く木の葉を踏み分けお散歩したくなるような銘仙のデザイン。

konoha_A8

若葉緑と赤朽葉色の木の葉がふわりと風に舞い落ちるその瞬間をストップモーションでとらえたようなデザインが素敵。

愁いをおびた落ち葉は、涼やかな秋を待ち望む夏の装いにも。

konoha_B4

クヌギや楓の葉がはらりと散り敷くようなデザインの夏帯。無造作でいてお太鼓からタレ先までの流れも美しい空間を活かした余洗練されたデザインが、愁いをおびた秋の詩情をいや増します。

konoha_B2

クヌギ、紅葉、松葉のような木の葉が散り敷くデザインは麻風の夏着物。侘び寂びの趣を楽しむデザインです。

それぞれの思いをプラスして四季折々に自由な物語を

konoha_C1

様々な形の木の葉が、無彩色と澄んだ水のような淡いブルーで染め出されたデザイン。

あわせる帯の色や、小物のモチーフ、身にまとう人の思いをプラスして、移り変わる季節にあわせてそれぞれの物語をつくりだしてくれそう。

花や実などのモチーフを加えないシンプルな木の葉模様は、小鳥の根付をあわせたり、リスや木の実の帯留めを添えたり、モチーフアイテムとも相性抜群で、着物コーデの楽しみをぐんと広げてくれる心ときめくデザインです。

ネットショップのこんな商品もおすすめです♪

敷松葉熨斗目花色に木の葉ひらりと舞う縮緬付下げ小紋

敷松葉熨斗目花色に木の葉ひらりと舞う縮緬付下げ小紋

見ているだけでも楽しい様々な色柄のお着物や帯が続々UP!
姉妹屋ネットショップをぜひご覧ください♪

姉妹屋

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

スポンサーリンク

フォローする