【着物柄図鑑】植物模様―竹・笹

天に向ってすっきりと伸びる竹は、中国の故事で鳳凰がその実を食べるということから古来より吉祥の象徴とされ、勢い良く伸びる姿に威勢の良さを、真っ直ぐに割れる性質からさっぱりとした潔さを、冬にも瑞々しい緑の色を変えないことから不変・長寿の意をあらわす、縁起の良い文様です。

その真っ直ぐで規則的な節のある形の美しさから、縞や格子などの幾何学文様を形作る洒落たモチーフとしても愛され、様々な形で文様化されています。

また、

独り坐す幽篁の裏
琴を弾じて復長嘯す
深林人知らず
明月来たりて相照らす

の王維の竹里館の詩にみられるような幽幻で静謐な風情は古来より多くの文人に愛され、静謐な詩情と幽幻な風情を楽しんでいただけます。

雪輪や雪芝などとともに描かれ、雪持ち竹の風情を楽しむ文様も人気ですし、その清々しい涼感から、夏の装いにも盛んに用いられますが、一般には季節を問わず楽しんでいただける通年文様です。

一方、笹は日常的には小型の竹をさすようで、竹と笹に明確な違いはないようですが、着物の文様では一般に、すっきりと伸びる茎をメインに描写しているものを「竹」、葉のモチーフをメインにデザインしているものは「笹」とするようです。

竹文様

幾何学的な直線の美を楽しんで

黒地帯お太鼓黒地帯胴まえ

黒地に織り出された金の竹がストライプのようなモダンなデザインを形作る帯。

古典的な情趣の中にもモダンアートのような大胆な遊び心を感じさせてくれます。

夏帯

こちらも直線の美しさが際立つデザイン。ほっこりとした夏紬風の織りの帯で、民芸的な竹のモチーフの素朴な風合いが楽しめます。

浴衣竹節ジグザグ島

藍と白で染め上げられた清々しい注染浴衣のデザインは、竹の節を活かしたジグザグストライプの幾何学パターン。

こんな洒落た使い方も竹のモチーフならでは。

竹と菊浴衣

こちらの清々しい白地の注染浴衣は、群れ咲く菊花と揺れるすすきの穂がながれるような優美な曲線を作り出す雅やかな草花模様に、凛とした竹の直線がきりりとしたアクセントになった一枚。竹にほどこされた青海波や籠目の文様も美しい、見惚れるようなデザインです。

単帯

亀甲で飾られた竹が大胆な斜め縞を形作る大正浪漫な詩情ただよう単帯。

赤と鼠色の色使いも印象的で、ぱっと目をひくアートな遊び心を楽しみつつも品の良さ忘れない小粋な装いをつくりだしてくれそう。

竹林に迷い込んだような幽幻な風情を

竹本絞り付下げ

観世水の地紋よう浮かぶ翡翠のような透明感のある緑に、鹿の子本絞りで染め上げられた竹の文様の清々しさに心が洗われるよう。本絞りの付下げ着物のデザインです。

竹夏着物

清々しい緑美しい竹が風に優美にしなり美しい曲線をつくりだす涼やかな絽の夏着物。

さやさやという葉擦れの音が聞こえてくるような涼を運ぶデザイン。

茎がほっそりとしているのでもしかすると笹かもしれません。七夕の装いにもよく合いそうです。

竹染帯

深い青の地に、すっきりと伸びる竹がモダンなセンスで染め出された帯。

さりげない遊び心が光る小粋な一本です。

相良刺繍帯

相良刺繍でほどこされた竹の文様が、やわらかな光に満ちた竹林の風情を感じせせてくれる見事なデザインの帯。

14

厄をついばむとされる雀と長寿をあらわす竹との縁起の良い組み合わせは、古来より愛されるモチーフ。

竹林に遊ぶ雀が見事に描き出された付下げ着物のデザイン。

笹文様

なよやかで瀟洒な美を味わう

織り帯

優美にしなるほっそりとした茎に笹文様ならではの葉の造形が美しい名古屋帯。

古典的な中にもモダンな遊び心を感じさせてくれるデザインや、金銀緑の色合いにぽつんと差し入れられた緋色がさりげな色っぽさを演出してくれる色選びも秀逸です。

銘仙羽織

節のある幹が形作る網目格子に笹の葉が浮かぶ大胆なデザインが印象的な銘仙の羽織。

幾何学モチーフを幹になぞらえ、葉の造形の美しさをひきたたせる見事なデザイン。

もしかすると竹かもしれません。

コート

無造作でいて洗練されたバランスで浮かび上がる笹の葉に、こまやかななストライプがすっきりと伸びる幹のように織り出された、シンプルでいて味わい深いデザインは道行コートのもの。

平面的でいて奥行きと深み、物語の広がりを感じさせてくれるジャポニズムの美がつまった素晴らしいデザイン。

こちらももしかすると竹なのかも。

扇のように広がる葉の端正な形を楽しんで

笹本絞り帯

紅色の霞に鹿の子絞りの笹の葉浮かぶ綸子名古屋帯。

末広がりの扇のような笹の葉の形は古来より愛される古典文様。

松皮菱笹

松皮菱に笹唐草が織り出された大胆なデザインのアンティークの帯。

すっきりとした流線型の笹の葉と、ぐるりと渦を巻く唐草とを組み合わせた造形もおもしろく遊び心を誘います。

刺繍帯

ふっくらと刺繍された笹の葉を七宝文様が彩るアンティークらしい大胆なデザインの名古屋帯。笹の葉を大きくあらわし、その中を様々な文様で彩る装飾的なデザインも定番です。

羽織

ヨーロッパのボタニカル・ファブリックのような写実と装飾が調和したデザインは羽織のもの。モダンでアートなセンスの中に小粋な詩情を感じさせてくれる魅力的な一枚。

着物

こまやかな笹の葉模様がどこかモダンにデザインされた袷着物。

こちらもヨーロッパのビンテージファブリックにも似たモダンなセンスを感じさせてくれる素敵なデザインです。

おまけ

13

家紋にも見られる、桔梗の花と笹の葉を組み合わせたようなモチーフは、「笹竜胆」という別の植物文様。

笹の葉にそっくりなので要注意。

ネットショップのこんな商品もおすすめです♪

キュイーヴル・ブラン竹ストライプモダンなシルクウール単着物

キュイーヴル・ブラン竹ストライプモダンなシルクウール単着物

瑠璃色地竹林に遊ぶ雀愛らしい付下げ着物

瑠璃色地竹林に遊ぶ雀愛らしい付下げ着物

見ているだけでも楽しい様々な色柄のお着物や帯が続々UP!
姉妹屋ネットショップをぜひご覧ください♪

姉妹屋

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

スポンサーリンク

フォローする